輸入車総合ディーラー・ロッキー
ホーム → 並行輸入車の販売は弊社にお任せください!
まず、正規ディーラー車とは自動車メーカーまたは、その販売子会社等と特約店契約を結んだ販売業者にて販売された車輌のことです。一方、並行輸入車とは海外にて販売されている車輌を輸入車販売店や輸入代行業社が独自に輸入し、販売している車輌のことでございます。

並行輸入車の中にも種類があり、海外で新車で販売されている車輌を買い付けて輸入し、販売する新車並行輸入車と、海外で中古で販売されている車輌を買い付けて輸入し、販売する中古並行輸入車の2種類がございます。

弊社ではお客様に安心してお乗りいただくために並行輸入車は原則、新車並行輸入車のみ取り扱っております。
新車並行輸入車には正規ディーラー車には無いメリットがございます。
・正規ディーラーにて取扱いの無い車種・グレード・仕様のお車をお乗りいただける。
・為替のレートによっては正規ディーラー車よりも安い金額でお乗りいただける。

右の写真をクリックすると新車並行輸入車のご納車までの流れをご覧いただけます。




海外から並行輸入した車輌で日本の道路を走るためには、日本の保安基準を満たしていなければいけません。 しかし、日本と海外では法律が異なるため、海外から並行輸入した車輌は日本の保安基準を満たすように改善する必要があります。

では、もし海外の仕様のまま改善せずに日本の道路を走行したらどうなるか?
本来は海外仕様のままでは車検はおろか国内で新規登録し、ナンバーを取得することはできないのですが、中には車検・登録の時だけ改善を施し、その後海外の仕様に戻してしまうというケースもあります。しかし、そのような状態で公道を走行することはもちろん違法で、「整備不良」として罰せられます。(近年、警察の違法車輌に対しての取り締まりも強化されております。)

弊社ではそのような心配をすること無くお客様にお車をお乗りいただくために、保安基準を満たす為の改善が必要な全てのお車に対し、ご納車する前に改善を施しており、さらに改善作業に必要な部品代及び工賃は車両本体価格に全て含まれております。


※車両により、改善の方法は異なりますのでご了承くださいませ。

 


日本の保安基準では、ウィンカーの色はオレンジ色しか認められておりません。しかしアメリカ本国仕様の車輌のほとんどはリアのウィンカーが赤い為、改善が必要となります。その他にもバックランプの明るさや、灯火の位置等細かい規定がありそれらを全てクリアできるように加工いたします。


 

さらに保安基準では車体の後方側面からウィンカーの点灯が確認できなければならず、その基準をクリアするために車体側面にサイドマーカーの取付けを行います。




大型の車輌は、ボンネット前方及び運転席の逆側側方を視認できなけらばならず、補助鏡の取付けまたはサイドカメラ・フロントカメラの取付けをし前方・側方視界の確保をしなければなりません。
補助鏡の取付けは見た目が良くないため、弊社では視界の確保が必要な車輌に対してサイドカメラ又はサイドカメラ・フロントカメラの両方の取付けを行っております。
※カメラの取付けに必要な部品代・工賃は全て車両本体価格に含まれております。



アメリカのトラックやSUV等で良く見るサイド出しマフラー。実は日本の保安基準ではマフラーの出口の向きは後方30度以内と定められており、認められていないのです。
弊社では、そのような車輌にはマフラーカッターの取付けにて対応しております。




並行輸入車の購入を検討していてA店とB店の見積もりをもらった時に、A店の方が車輌本体価格が安いのに支払総額を比べてみると同じくらいの金額だった。という経験をしたことがある方がいらっしゃることでしょう。
では、何故そのようなことが起きるのかというと「車両本体価格」と、それ以外のいわゆる「諸費用」の計算の仕方が販売店によって異なるからです。
車輌の輸入をするにあたって、様々な費用が必要となります。それらの金額を車両本体価格に含めるか、諸費用に含めるかで例のような事が起こるのです。
弊社ではお客様に分かり易い価格表示を心がけており、以下の費用を全て車両本体価格に含んでおります。





やはり、並行輸入車を購入するにあたって多くの方が心配されることが、購入後のアフターサービスのことでしょう。
弊社には運輸局指定の自社工場がございますので、お客様の大切なお車の日々のメンテナンスや、車検など全てお任せくださいませ。
また、弊社の販売車輌には、独自の保証もご用意しております。

万が一の事故やトラブルのときでも、弊社にはハマーH2やピックアップトラックも積載可能な2台のセルフローダーがございますので、対応可能でございます。


弊社では、遠方のお客様にもこれまでに数多くのお車をご納車させていただいております。
遠方にお住まいのお客様の場合は、お住まいの地域の近くにある修理工場をお探しして、メンテナンスが受けられるようにサポートいたしますのでご安心くださいませ。

その他にも、パーツの取付けや日本仕様のナビゲーションの取付け等のカスタムも承ります。
特に高い技術力を必要とするナビゲーションの取付けに関しましても、今まで数々の最新車種にナビゲーションの取付けを行ってきました。
施工例につきましては、下のリンクからご覧いただけます。



在庫情報 | 取扱信販会社 | 新車情報 | 保証について | イベント情報 | 車検のご案内 | アクセスマップ | 会社概要 | ブログ | お問い合わせ | リンク


Copyright (c) ROKKEY All rights reserved.